W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

史上最悪の元首相

鳩山のイラン訪問。「イランに利用されるだけだから、行くのをやめろ」と言われていたにも関わらず強行して、やっぱり利用されてしまった。今更「私はそんなこと言っていない」とか言い訳したって、誰も耳を貸さないって。「最低でも県外」とか「私を信用してほしい」とか思いつきでアホなことばっかり言って、日米関係をぐちゃぐちゃにした上に、首相辞めてからも日本に迷惑をかけつづけているハトヤマ!おまえ、首相辞めたら引退するんじゃなかったっけ?こんな虚栄心にあふれた男に限って引退どころか、一生政治家を続けるんだろうな。

こんな「バカ」を外交顧問に据えていた民主党もどうしようもないし、こんな「バカ」に票を入れて国会議員を続けさせている有権者はもっとどうしようもない。

Ritzが思うに有権者には二つのタイプがある。ひとつは政治家に何かしてくれとねだるタイプ(タイプAとしよう)。手当をくれ、仕事をくれ、医療費をタダにしてくれ・・・・とにかく政治家に直接的な利益を求めるタイプだ。
一方もうひとつのタイプは基本的には自分のことは自分で面倒を見られるから、政治はとにかく当たり前のことを当たり前にしてくれるだけでいいと考えるタイプ(タイプBとしよう)。治安を保ち、無駄遣いをせず、財政を悪化させず、周りの国と普通の外交関係を築いてくれればいい。

タイプAの人は選挙には必ず行くし、積極的に選挙に関わろうとする。それにタイプAに応えようとする政治家は山ほどいる、と言うか、ほとんどの政治家はタイプA向けだ。

一方、タイプBの人は投票すべき政治家がいない。当たり前のことを当たり前にやると言ったって有権者への訴求効果がないと考える政治家が多いから、受け皿がないのだ。そのためタイプBの人は投票に行かないという選択をとってしまいがちだ。

だからさ、選挙で誰かに1票入れる権利を放棄する代わりに、こいつにだけは議員になってほしくないと思う政治家にマイナス1票を入れられる権利(ネガティブ・ボート)を設けれいいじゃん。そうすれば鳩山みたいなバカを「有害・危険なバカ」として放置する事態を避けられるだろう。

だいたい、最高裁の判事は国民審査でダメだと思うヤツにバツをつける実質ネガティブ・ボートなんだから、それを政治家に適応したっていいだろうに。
  1. 2012/04/09(月) 07:16:37|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽天トラベル自動メール バス事故翌々日「ご乗車いかがでしたか」 | ホーム | たかるアマに、おごる巨人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/854-ac329d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード