W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

Big Island (ハワイ島)のバケーション(3)

二日目、三日目に泊まったのは Hilton Waikoloa Village
hilton.jpg
ヒルトンの客室からの眺め

ここのヒルトンはとにかく広大な敷地を持ち、ホテル棟もいくつか建っているため、ホテル内の移動にトラムやゴンドラが走っている。まるでディズニーランドのようだ。

また、イルカを飼っていることで有名で、大きなプールやラグーンもあり、プールにはボブスレーコースのようなウォータースライダーもあって、とても楽しい。

さらに、隣接するショッピングモールにはIsland Groumet Marketsというスーパーマーケットがあって、そこではおにぎり、寿司、弁当とか日本食まで売っている。またハワイのお土産調達にも重宝し、ホテルをチェックアウトして次のホテルに行った後もちょこちょこ来ていた。ここはとてもありがたかった。ランチとかはレストランに行くのもおっくうなので、ここで買った弁当とかばかり食べていたよ。
hilton3.jpg
ここのスーパーマーケットはマジで使える

日本食が売っているというのは、それだけ日本人客が多いと言うことだが、現在、ハワイ島へは日本からの直行便はなく、ホノルルからの経由便で来なくてはならないのだが、それでも日本人だらけだった。

我々が泊まったのはタワーと呼ばれる(それでも5階建てくらいだが)、イルカプールの目の前の棟で、部屋から海も見え、部屋もなかなかきれいだった。ちなみに客室の前のゴンドラが通る水路の手入れが悪いのか、ちょっとドブくさかった。あと、エレベーターに娘と2人で閉じ込められて、エマージェンシーコールした。10分くらいで救出されたけど。

それでこの日は朝から予約していたイルカスイムツアーに出かけた。日本人に人気のようで、日系の何社かがツアーを行っており、集合場所に行くと日本人がいっぱい。というか日本人しかいない。

Ritzが申し込んだのはここの会社。宮崎出身の美人ガイドのキワミさんが、親切にいろいろ面倒を見てくれ、とても良かった。船も他のツアーよりも大きくてオススメ。

ウェットスーツ、シュノーケル一式、フィン、タオルも全部貸してくれるので、水着に着替えて行くだけだ。あとはイルカの出没地点まで一気に船で飛ばす。イルカの群れを発見したら、次々に海に飛び込む。背の届かない海にいきなり飛び込むのは最初、おっかなびっくり。しかし海底をゆっくり潜行したり、海面に浮き上がってきたりするイルカの群れを目の前で見るのはとても新鮮だった。それに水族館のショーで見るように、自然のイルカも海面でキリもみジャンプをするんだね。遊んでたり、コバンザメを追っ払うためにやっているのだとか。とにかくホテルや水族館で飼っているイルカを見るのとはわけが違う。野生の迫力だね。
dolfin.jpg
ビデオカメラに防水ケースを付けて撮影

7歳の長女は浮き輪につかまりながらも、ガイドさんがずっと付き添ってくれたので大人と同様にイルカを堪能できたようだ。ついでに2歳の次女もウエットスーツを着て、海に入れたのだが、ガイドさんがだっこしてくれたけど、波を頭から何度かかぶって、イルカどころではなく大泣きしていた。

wetsuits.jpg
ウェットスーツを試着させてもらった次女。この頃はまだ何が行われるか分からないままに船に乗せられ・・・


Ritzはビデオカメラの防水ケースも買っていったので撮影に忙しい。

約2時間のツアーとても楽しかった。またいつか行きたいね。

午後はホテル内のプールなどでのんびり過ごす。そして夕刻、マウナケア山へ世界一と言われる星空を見に行った。マウナケア山は4200mと標高が高く、山頂は雲の上に突き出ているため1年中天気がよい、また同緯度に人口密集地域がなく、偏西風で汚れた空気が運ばれてこないなどの理由で、天文観測には絶好の場所。しかも山容がなだらかなため、4000mを超えるというのに、山頂まで車で行くことが可能というのも大きい。実際、山頂には日本を含め世界各国の天文台が建設されているのだ。
maunakea.jpg
マウナケア山頂。天文台がいくつも建っているのが下からも分かる

マウナケア山の2900m地点にはビジターセンターがあり、そこで星空を見ることにした。山頂まではレンタカーで行くことが禁止されているため、また高山病対策として年齢も16歳以上に制限されているので、子連れでレンタカーの我々は上がることができない。チャンスがあれば、山頂へのツアーもあるのでいつかは行ってみたい。しかし星空はビジターセンターでも十分きれいだという。

しかし非常に残念なことに、我々の滞在期間中は月齢が半月を超え、夜空を明々と照らしてしまい、星空観測には不向きだった。何しろ自分の影が地面にくっきりと映るほど月明かりが強力で、そのため感動するほどの星空にはあえなかった。残念だなあ。次に来る時は新月の時に来られるようにしよう。
  1. 2012/10/01(月) 23:26:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Big Island (ハワイ島)のバケーション(4) | ホーム | Big Island (ハワイ島)のバケーション(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/868-aefbb1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード