W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

Big Island (ハワイ島)のバケーション(5)

4日目、5日目に泊まったのは Four Seasons Resort Hualalai at Historic Ka'upulehu。とにかくここはサービス、施設とも最高!!!4つ星どころか星10個くらいあげちゃうよ。

fs11.jpg
ホテルゲストのプライベートビーチ!消波ブロックがあるので、大きな波は来ない

ホテルのエントランスで車を預けてロビーに入ると、"Welcome Mr. XXX!"と言われ、家族1人1人に貝殻や花のレイをかけてくれる。この時点ですでに、大規模な箱型ホテルとは違い、セレブ気分が高まる。

そしてチェックインも一組ずつ、ソファーなど応接セットのある一角に案内されて、そこでマイタイやグァバジュースとかをサーブされながらチェックインする。もうどっかのおうちに招かれたような感覚。その後、ゴルフカートに乗って、部屋まで連れて行ってくれる。
fs4.jpg
このテーブルに座ってチェックインする。マイタイとかサービスされて気分はセレブ

リゾート内では基本的には部屋番号ではなく、名前(Mr.XXX)で呼ばれ、こちらも何かモノを買ったり、オーダーしたときに部屋番号ではなく、自分の名前を言えば、ちゃんとチャージも自分の部屋についている。スタッフはよく覚えてるよなあと感心。確かに、部屋番号で管理されるってのは、国民総背番号制じゃないが、ホスピタリティがないというか、人として扱われてないって気がする(フォーシーズンに来るまでは違和感なかったけど)。

ここのホテルは1-2階建ての建物しかなく、一棟にもせいぜい8室くらいしかない。我々は2階建ての1階で、部屋の正面のガラス戸を開けると芝生があって、その前がプール。そしてプールの向こうはビーチ!これだけプールと部屋の距離が近いと、飲み物を取りにとかシャワーを浴びにとか、気軽に部屋とプール・海の間を行き来できる。海辺の別荘感覚だね。これが箱形のホテルだとこうはいかないものね。
fs1.jpg
1階だったので部屋からすぐ外に出られる

fs6.jpg
部屋の前庭からから見た景色。ここでビール飲むだけで最高!

fs8.jpg
部屋の前のプール!海は目の前

部屋に入ると、子どもの名前が浴槽の内壁にウミガメのイラストと一緒に書いてあったり、ギフトのぬいぐるみがおかれていたりなど、子連れへの気遣いも細かい。長女は自分の名前があちこちに書いてあるので感激していた。もちろん部屋も大きくて、お風呂にシャワー、そして裏庭に露天シャワーまで着いている。
fs5.jpg
子どもの名前がお風呂に書いてあり、「なんで私の名前が書いてあるの?」と言いながらも大喜び

fs7.jpg
リッチなバスとシャワー。その向こうの外にもシャワーがある

サービスで感心したことはいくつもあるんだけど、一番感心したのは、チェックアウト後の飛行機の時間が夜9時のフライトだったのだけど、こちらから頼みもしないのに「遅い時間のフライトですよね。なるべく遅い時間までチェックアウトを延ばせるように調整いたします」とホテル側から言ってきたこと。こんなことを言われたことは、初めてだよ。さすがフォーシーズンと感激した。

結局、チェックアウトは通常12時の所を午後3時まで伸ばしてくれたので、最後の日もゆっくりできて、ほとんどまる1日滞在が増えた感じだった。実は、ヒルトンでもチェックアウト時に、1時間ほど延ばしてもらったのだが、迷惑感ありありで、比べると雲泥の差だ。


fs9.jpg
ここは朝食を食べたBeach Tree Restaurant。朝からこんなところで食べれば何でも美味しい

それとフォーシーズンでは滞在中のわけのわからない費用がかからない。他のホテルでは安い宿泊費をエサに、それ以外で客からいろいろお金をとろうとする姿勢があからさまだなあと感じた。例えばインターネット接続、プールでのタオル代、コインランドリー代や洗剤代などあれこれ追加の費用が次々にかかる。

ところがフォーシーズンはその辺は全てタダ。ゴルフ場のスポーツドリンクがタダだというのは書いたが、朝のロビーにはコーヒーやパンが置かれ、こちらも取り放題。うちの部屋はロビーから近かったため、ヨメは何度もコーヒーやパンを失敬してきたらしい。

また、ヨメはなぜかハワイに来てまで洗濯ばかりしていて、ヒルトンではランドリーが足りなくて、いつも誰かが使っているとブーブー言っていたが、フォーシーズンは各棟(8室くらいかな)ごとにランドリーがあって、機械も最新型だったとか。しかも使用料も洗剤も全部タダ。部屋のシャンプーや石けんは「ロクシタン」。プールサイドやビーチ沿いのカバーナ(覆いが着いたプールチェア)もタダだし、日焼け止め、子供用の浮き輪や砂場セット、海の岩場を歩くためのマリンシューズまで全部タダで完備。とにかく「至れり尽くせり」を絵に描いたようなホテル。

もっとも、他のホテルでどんなに別料金がかかろうが、トータルの価格はどうやったってフォーシーズンの方が高くなるのだが、それでも姿勢の問題だよな。「うちはこれだけの料金をいただいているので、徹底的にサービスいたします」ってね。

また、このフォーシーズンはとても居心地のよいサイズだ。ヒルトンとか大きすぎて、何をするにも「自分の部屋からホテルの設備に出かける」という感覚だが、ここは部屋から子どもの足でもすぐに歩ける距離に何でもある。それが真にリラックスできるポイントだと思う。

そんなわけで、いろんなホテルサイトのレビューを読むと、ここは最高だけど、価格が高いので、それに見合っていると感じるかどうかで最終的な評価が分かれている。私としては「ここまでやってくれるのなら、そんなに高いとは思わない」ってのが感想。早起きして外を見たら、朝まだ真っ暗なうちからスタッフが頭にヘッドライトをつけてプール周りを清掃していたし、みんな一生懸命。犬のウンチが落ちているどっかのホテルとは大違い!

気軽に何泊もできるホテルではないけど、他で倹約してでも是非ともまた来てみたいと思った。

fs2.jpg
ビーチに並ぶチェア。昼間は覆いができて、カバーナ風になる

fs12.jpg
カバーナの中で海を見ながら、読書したりして、ゆったりすごすだけで超リラックス!

fs10.jpg
ホテルの前のビーチにはウミガメもやってくる
  1. 2012/10/04(木) 23:11:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Big Island (ハワイ島)のバケーション(6) | ホーム | Big Island (ハワイ島)のバケーション(4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/870-a6c3e92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード