W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

オリンピックにモノ申す(4)

大会ごとのテーマソングいらない
NHKも民放も、オリンピックのたびに有名歌手を起用して、その大会だけのための歌を作らせ、テーマソングだと言って中継でもハイライトでも曲をかけまくる。
まず、テーマソングはいいとしても、メロディだけでいい。歌詞はいらん。「ガンバレ、あきらめるな、夢を追いかけろ」系歌詞はワンパターンすぎて、もう辟易する。そもそも大会ごとに変えるって意味があるのか?単に歌手を売り込みたい所属事務所と放送局の思惑が一致しただけだろ?商売っ気が透けて見えて、イヤらしささえ感じる。
昔、全日本プロレスと言ったら、日本テレビの「スポーツマーチ」だったし、F1と言えば、スクエアの「TRUTH」だった。そういうなじみの曲が流れるからこそ、過去の名場面のイメージが想起され、視聴者は盛り上がるのだ。それを大会ごとに曲を変えては曲を売って印税が入る歌手以外はメリットはないではないか。

視聴者からのFAX、応援メッセージいらない
NHKはなぜ、あんなものを毎回毎回流すのか。あんなものはNHKの中継スタッフの反省材料にするような内輪の資料である。それを恥ずかしげもなく、時間を割いて放送時間に流す意味がわからない。一般の視聴者が、どこどこのAさんが、どんな感想をいだいているか興味を持つはずもないではないか。しかも賛否両論を流すわけでもなく、ただ「ガンバレ」とか「感動しました」とか、お決まりのメッセージしか流れない。
そんなものを流す時間があるなら、もっと競技の放送時間を長くしてもらいたいものだ。

過去の有名選手のリポーター起用、いらない
松岡修造も、寺川綾も、自分の専門分野以外の競技をしたり顔で解説するのはやめてくれ。しかもレポート中に選手を映すのではなく、レポーターの顔がしばしばアップになり、「すごいですね」とか「感動しました」とかのくだらないコメントを垂れ流す。そのたびに「いったい誰が主役だ?」とイライラさせられた。また、各局キャリアの浅い若い女子アナを大量に送り込んでいたが、しゃべりも未熟で、単に若さと顔だけが取り柄としか思えなかった。リポーターは黒子でいいから、本当のプロを送り込んでくれ。

各局のキャスターというか応援団長、いらない
これまたジャニーズ系を中心とした大会ごとの椅子取りゲーム。SMAP仲居は嫌いじゃないけど、もう出過ぎだ。お笑いもグルメ番組も、スポーツも何でも司会をするから、軽すぎる。オリンピックは4年に一度の重厚な大会なのだから、もっと重厚感のあるキャスターはいないものか?ちなみに米国NBCのメインキャスターはいつも同じボブ・コスタス氏。それ以外に仕事しているのかこっちが不安になるくらい、オリンピックの時だけしか見かけないのだが、逆にそれが安心感、重厚感に繋がっている。

とにかく日本のオリンピック中継は、女子アナや芸能人を前面に押し出したあまりにも軽くカジュアルな作りに寄り過ぎている。せめてNHKくらいはもっとスポーツ中継らしい重厚なトーンで放送してくれないものか、切に期待する。
  1. 2016/08/30(火) 21:19:49|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォルト・ディズニー・ワールド(オーランド)旅行(1) 準備編 | ホーム | オリンピックにモノ申す(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/911-8ec35d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード