W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

ウォルト・ディズニー・ワールド(オーランド)旅行(2) 1日目 LA to オーランド

いきなり大トラブルの1日目

LAXからオーランドへは行きは昼の直行便が最低マイレージ(12500マイル)で取れた。朝9:45分発で、到着は午後5:45。フライト時間は約5時間だが、LAとフロリダとは3時間の時差があるので、行きは移動だけでほぼ丸一日かかってしまう。
LAX近くの民間の長期駐車場で、極力安く、かつYelpで評判のいいところを探した。公営駐車場だと1泊12ドルだが8ドルのAVR Rentalというパーキングが見つかった。しかし後々、これが大きな計算違いを産んでしまうことになるのだった。

平日の朝の便、当然フリーウェイは渋滞が予想される。いつもなら45分程度で到着する距離だが、余裕を見て2時間30分前に家を出た。
途中まで405号線は順調。しかし605号のあたりで急に混み出す。iPhoneの渋滞情報は真っ赤だ。ここで605から91へ回ったほうが、若干渋滞が緩い気がする。そこで急遽ルート変更。
しかし、これが最大の判断ミスだった!
605号は空いていたが、続く91号はいきなり激しい渋滞。カープールレーンなのに超ノロノロ。しかも空港直行の105号はさらに混んでいそうなので、結局また405号へ戻ってしまうことに。いつも通りに405号でずっと行っていればいいものを、回り道をしたためにおそらく20分はロスをした。

それでも出発1時間前にはパーキングへ滑り込み、そこから5分程度で着くはずだから、まだ間に合うと思っていた。ところがこのパーキング、空港送迎のシャトルが一台しかないらしく、待てど暮らせどシャトルが来ない。結局またここで15分ロス。何とかアメリカン航空の出発カウンターに着いたのは出航35分前だった。セルフチェックインの機械に予約番号を打ち込んだが、「預かり荷物がある場合は、ここでは手続きできないので、カウンターへ行け」との表示が出るのみ。

 カウンターには行列ができていて、「出発時間が迫っているからなんとかしてくれ」と係員に言ったが、とにかく行列しろと言うばかりで日本のように優先的に手続きしてくれることもなく、何の便宜も図ってはくれない。自分の番が来た頃はすでに出航15分前。さすがにこれでは間に合わないか・・・・結局、乗り遅れてしまった!

あとから知ったことなのだが、預け手荷物がある場合は45分前にチェックインしないとダメなのだそうだ。機内持ち込みだけなら間に合ったのだが・・・

 実はここにも計算違いが。アメリカン航空の国内線は預かり荷物は一つにつき25ドルも取られる。そこで今回はすべて機内持ち込み荷物だけで旅行するつもりでいた。容量的にも4人が小さめのスーツケースを一ずつ持てば問題ないはずだった。ところが前日に、ヨメがどこから聞きつけてきたか、自分たちのアメリカン航空のステータスなら荷物を1人1個までは無料で預かれるはず、と言い出し、それなら預けようかと、機内に持ち込めない大きなスーツケースに変えてしまったのだった。ヨメの余計な情報がなけりゃ、乗れてたんだよ・・・(ヨメが余計な情報を入れて、結果としてより損害を受けることは、うちではよくあるパターン)

 結局、予定の便には乗れず、次に予約できるのは12時間後の深夜便だと言う。さすがにそれじゃ、到着が翌朝になり、その日の行動が大きく制限されてしまう(以前に経験あり)。あとは空席待ちでダラス経由なら1時間後の便があると言うので、一も二もなく、それで行くことに。

 幸い、ダラス行きの便は空席待ちで4人とも乗れた。あとはダラスからオーランドまでの便が空席があるかだが、18人中8~11番目の順番。非常に微妙だな。仮に乗れても、一人とか二人だけとかだったら、どうしよう?旅程をスプリット?場合によってはダラス泊? 待っている間とても気をもんだ。「旅にトラブルはつきもの、トラブルも旅のうちだと思って楽しめ」と思ってはいたが、実際にトラブルに直面して、平然としていられるほどメンタルは強くなかった(爆) ちなみに預け荷物はLAXからオーランドに送られたようで、もし人間が乗れなかったら、あとから荷物だけ取りに行くんだろうな。

Dallas.jpg
 それにしてもダラス空港はとてつもなくデカイ。ターミナルがいくつもあり、その間をSkylinkという車両で移動。まだまだ拡張できそうな感じで、日本の羽田や成田とは大違いだ。

 しかし、天運があったか、幸い4人ともオーランド行きに乗ることができた。あー、良かった。到着は午後8時台で予定よりも3時間ほど遅れるが、当日中に着ければ御の字だ。Hertzでのレンタカー手続きもスムーズ。手荷物を受け取って、道路を渡ればすぐHertzのカウンターというのはありがたい。

とりあえず、宿泊先のコンドへは30分ほどで到着。しかし道中、ところどころ雨が降り、夜空には稲妻がピカピカ光る。さすがフロリダ!LAとは全然天気が違う。ちなみにフロリダの高速は有料だ。Sunpassという日本のETCのようなシステムが導入されており、Hertzの車も自分のクレジットカードにリンクされているので、特に料金所で支払う必要もなかった。

コンドへ着いたらもう10時だが、とりあえず本日中にやっておきたいことが。それは予約してあるディズニーのパークチケットを引き替えることだ。もちろん明日でもOKなのだが、朝からウィルコール窓口でバタバタしたくない。そこでディズニーのショッピング・モール、Disney Springs内のゲスト・リレーションまで行って、無事にチケットゲット。実際にはチケットはクレジットカードサイズのバーコード付きのカードだ。これをパーク入園時やFP+使用時にスキャナーに通して認証される。

なお直営ホテルのゲストはカードの代わりにリストバンドがプレゼントされ、このバンドをかざすだけで認証される。このリストバンドは買うこともできるのだが(長女はそれがうらやましくて、最終日に売店で買おうとしたのたが、さすがに最終日に買うのはやめてくれと却下)、そんなところでお金を使うくらいなら、首から下げておけるカードホルダーのようなものを旅行前に用意して行くことをお勧めする。

帰りにコンドの近くのスーパーで食べ物やら水やら、ビールやらを調達し、やっと落ち着いたよ。LA時間ではまだ9時だが、早く寝て明日に備えないとね。
  1. 2016/10/08(土) 17:08:23|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォルト・ディズニー・ワールド(オーランド)旅行(3) FP+戦略とパーキング | ホーム | ウォルト・ディズニー・ワールド(オーランド)旅行(1) 準備編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/913-d853eeb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード