W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

加計学園問題の本質

かけだ、もりだとソバじゃねえんだから、いい加減にして欲しいと思っていた。
加計学園問題については、「最初に加計ありき」かどうかばかりがメディアでは報じられ、それに便乗した野党議員がますます、本質を見ない些細な議論に終始して、国会が機能していない。北朝鮮問題とか喫緊の課題があるというのに・・・・
私が思うに、加計学園問題の本質は、これ以上「犬猫病院」志願の獣医師を増やしたくない獣医師会と、不足している家畜系の獣医師を養成したい地方の対立である。
結局、獣医学部を卒業した学生はほとんどがペット系、つまり犬猫病院の先生になりたがる。ところが都会の犬猫病院は完全に供給過剰であり、過当競争を避けたい獣医師会が新規の獣医師養成には猛反対しているわけだ。要は既得権を守りたいのだ。
一方で、家畜系の獣医師になるのは獣医学部卒業生の1割にも満たないのが実情で、慢性的な不足状態なのに、獣医師会とそれと結託した文科省の抵抗で、供給を増やすことも出来ない。もっとも、加計学園が獣医学部と新設したとしても、そこの卒業生もやはり都会の犬猫病院に行ってしまい、低賃金、重労働の家畜系の獣医師が増えるとはとても思えないが。
だから私の考える解決策は簡単だ。獣医師の免許を家畜とペットと分けてしまえばいい。そして税金を投入して医師を育成する獣医学部は家畜系の免許だけが取れるようにすればいいではないか。そして犬猫病院の先生は私立大学にまかせればよろしい。もちろんそこには税金は投入すべきではない。簡単だろ?
  1. 2017/07/30(日) 23:51:41|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカが北朝鮮に武力行使するとは思えない | ホーム | 日本の宅配便はサービス良すぎ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/926-4ab95ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード