W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(10)コスメル島(メキシコ)

 3日目、今日は初の上陸日です。場所はメキシコのコスメル島。ユカタン半島の先端のリゾート、カンクーンからちょっと南に下ったところです。メキシコでは最大の島だそうで、クルーズ船が着岸できる港が整備されていますが、島の95%以上は開発されておらず、ダイビングの名所です。
map3.jpg


 カリブ海の島の特徴で、このコスメル島もピザをひっくり返したような平らな形をしています。山などはどこにもありません。平らな島にジャングルが広がるという感じです。
aPEN_6060.jpg
本当に真っ平ら。日本にはこんな島ない。

 朝8時半には船が着岸して、デッキ1から降船します。一応、メキシコという外国に入国になるので、パスポートが必要です。船は16時半に出港予定なのでそれまでには絶対に戻ってくる必要があります。

 コスメル島では島内の観光よりも、本土に船で渡って、世界遺産にも指定されているマヤ文明のトゥルム遺跡を見に行くことにしていました。本当は車で密林を2時間入った所にあるマヤ文明最大のチチェン・イッツァ遺跡を見に行きたかったのですが、ディズニーのツアーでは次女が制限年齢に足りず、参加不可。自分で行くにはちょっと遠すぎて不安です。もし何かのトラブルがあって出航時間までにクルーズに戻ってこられなかったら悲惨・・・そういうわけで比較的近いトゥルム遺跡にしました。トゥルム遺跡は海岸端に立つ珍しい遺跡で、遺跡のすぐ近くのビーチで海水浴できるので、欧米人には特に人気があるようです。我々も一応、水着を着込んで出発しました。

 ディズニークルーズでは数多くの船外アクティビティやオプショナル・ツアー(エクスカージョン)をオンラインで予約できますが、お値段は高め。このトゥルム遺跡ツアーは大人140ドル、子供100ドル、うちの場合は合計で520ドルもかかります。そこで、ここは行動力と節約力を発揮して、自力で行くことにしました。

 まず、船を降りて15分ほど歩いたところにある本土行きの高速艇乗り場へ移動します。3社ほどが就航しているようでした。とりあえず9時発の船を一つ選んで、窓口で料金を払います。往復料金を告げられたのですが、もし帰りの時間がギリギリになって、この会社の船に乗ってはクルーズの出航時間に合わない、なんてことが起きたら困る。帰りは少しでも早い時間の船に乗れるようにフリーハンドを確保しておいたほうがいいと瞬時に判断して片道切符にしてもらいました。しかし、後から各社の時刻表を比べてわかったのですが、実際は3社とも全く同じスケジュール(各正時発)で運航していたので、意味はありませんでした(爆)。最初はドル建ての金額を言われたのですが、メキシコ・ペソを200ドル分両替して持ってきていたので、ペソで払いたいと言うと、電卓を叩いて再計算。結局4人で400ペソでした。

 我々の乗ったCARIBE社の船が一番最初に出たのですが、少々遅れて出発した残りの2艇に次ぎ次と抜かれて、結局一番遅く本土に上陸。船を間違えたなあ・・・・帰りは一番速かったUltraMar社の船に乗ろうと誓いました。
a2017_09_25_IMG_0333.jpg
我々の乗った船

 40分ほどで対岸のプラヤ・デル・カルメンに到着。多くのツアー客引きが行われていますが、私はバスか乗り合いタクシーで行けば安いと聞いていたので、バスターミナル方面へ向かいました。
 a2017_09_25_IMG_0326.jpg
プラヤ・デル・カルメンも相当きれい

 歩くこと5分。私としては一人2-3ドルで乗れるという乗り合いバン(コレクティーボ)に乗れればベストだと思っていたのですが、どのバスに乗ればいいのかさっぱりわかりません。明らかに現地の住民しか乗っていない車ばかり。

 結局、コレクティーボはあきらめて、タクシーにすることに。タクシーはそこかしこに客待ちしていたので、比較的新しそうな車(フォルクスワーゲン)の運転手に声をかけました。彼はやや英語が不得手のようでしたが、すぐに近くにいた同僚が助け舟。結局、トゥルム遺跡までは往復1400ペソ、現地で観光している間、3時間までは無料で待機するということでした。特に価格交渉は必要なく、定額で決まっているようで安心できました。
a2017_09_25_IMG_0332.jpg
きれいに整備されたプラヤ・デル・カルメンの街

 トゥルム遺跡まではタクシーで約50分。その間、かなりの雨も降り出して、少々心配でしたが、遺跡に着く頃には雨も上がり、いい感じです。駐車場で運転手と別れ、2時間後に戻ってくると約束して遺跡方面へ歩いていきます。ちなみにこの時点で運賃の半分は払うのかと思ったら、全額港に戻った時に払ってくれればいいということでした。

 そこから遺跡のエントランスまで10分ほど歩きます。メキシコの強い日差しが熱い。道中にはスタバや土産物店が軒を連ねています。また、巨大なイグアナを持ったおじさんが、有料で観光用写真を撮らせようと待ち構えていました。
 
 少々道に迷い、最初は入り口を通りすぎてしまいましたが、無事入り口に到着。料金は大人は70ペソ、子供は無料でした。鼻の長いアライグマみたいな動物がいました。
aPEN_6071.jpg
リスとアライグマの合いの子みたいな動物

 遺跡は海沿いの整備されたエリアに点々と立っており、ピラミッド型のものはありませんでしたが、海と空と美しいコントラストを描いています。遺跡の一つ一つには意味があるとのことですが、それはガイド等から説明を受けないとわかりません。我々はとりあえず自分の目で見られればいいと思っていたので、特にガイド等は頼みませんでした。
aPEN_6075.jpg
絶景のトゥルム遺跡

aPEN_6109.jpg

aPEN_6121.jpg
遺跡では多くのイグアナが。近くに寄っても動こうともせず、人間を怖がりません。

 一通り遺跡を見たら、階段でビーチに降りていけるところを見つけました。多くの人がビーチに降りて、海水浴しています。せいぜい50メートルくらいの幅しかないので広くはありませんが、海はエメラルドグリーンでとんでもなく綺麗。波もほどほどあってここで何時間でもいられそうです。
aPEN_6094.jpg
今回の旅行でもベスト3に入るビーチ

 しかしシャワーがないとのことだったので、帰る時のことを考えて足から下だけ浸かる程度にとどめました。もう少し離れたところにあるビーチは広くて設備も整っていそうでしたが、時間の関係で行けませんでした。下の子はもう少し遊びたがっていましたが、時間も迫ってきたので、ビーチも30分ほどで切り上げてタクシーの待つ駐車場へと戻ります。そこから約1時間弱で無事プラヤ・デル・カルメンの港に到着。14時の船に乗れそうです。

 運転手には料金とは別に200ペソほどチップを払いました。クレジットカードの支払いは受け付けてないように見えたので現金を持ってきて正解でした。ただ、高速艇の料金はクレジットカードで払えるならそうすべきでした。現金は最強かつ最後の手段なので、どうしても必要なところで足りなくなったらとても困ります(後々ジャマイカで思い知ります)。とりあえずメキシコでタクシーを選択したのは正解でした。半日チャーターして100ドルもいかなかったので、メキシコは物価が安いと思います(後日、ジャマイカでも同じようにチャーターしましたが250ドルかかりました)。

 プラヤ・デル・カルメンの街も少しは探索したかったのですが、余裕を持って船に戻りたかったのと、メキシコは自宅から2時間で行けるからまあいいかと。帰りは当然一番速かったUltraMar社のチケットを買いました。しかし何と値段が違うのです。速くて新しい船だからでしょうか。行きは4人で400ペソでしたが、帰りは585ペソ。せいぜい10分程度しか変わらないし、時間の余裕もあったので、これなら古い船でよかったなあ(4人で10ドルくらいの差なんですが)。往復チケットだったらさらに割安だったかもね。

 コスメルの港に着き、まだ時間が少々あったので、港に多数ある土産物店へ。私は船内で飲む缶ビールを6缶調達。これで当分部屋で飲む分には不自由しないでしょう。船内でビールを飲むとお金を取られるので、多くの人が島でビールを調達しているようでした。免税で買っているわけではないので、船に戻ってきた時にも特にチェックはなかったです。

結局、コスメル島では
 高速艇運賃(往復) 985ペソ(約60ドル)
 タクシー代 1600ペソ(約96ドル)
 遺跡の入場料 140ペソ(約8ドル)

 米ドルになおすと 165ドルくらいの出費で抑えました。ディズニーのオフィシャル・ツアーだと520ドルですから、大きく節約できました。ちなみにディズニーのツアーだと高速艇はチャーターでクルーズ船のすぐ近くにまで来てくれます。そして現地では上等なバスで往復、遺跡のガイドも付く(英語だけど)と至れり尽くせりなのは言うまでもありません。何よりもどんなトラブルがあっても船に乗り遅れる心配は不要です。
  1. 2017/10/07(土) 07:57:44|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(11) グランド・ケイマン島(ケイマン諸島) | ホーム | 2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(9) 船内イベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/938-3848c524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード