W.F.S.的なLA生活

ワイン、フード、スポーツを愛するロサンゼルス在住者Ritzの日記

2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(15)ケネディ宇宙センター

 我々は本日(土曜)の夜のフライトでLAに戻りますが、下船後に12時間あります。その時間を利用して同じくケープ・カナベラルにあるケネディ宇宙センターに行くことにしていました。レンタカーをキープしておいたのはそのためです。パーキングからケネディ宇宙センターへは30分もかかりませんでした。というかクルーズの船の上から、ケネディ宇宙センターの発射台が見えるほど近いです。

 ケネディ宇宙センターがオープンするちょうど9時にビジター・センターに到着。パーキング代10ドルを支払い、エントランスで入場券を買います。大人50ドル、子供40ドル、税金まで入れて4人で192ドル払いました。結構な値段です。あとで気がつきましたが、AAAのディスカウントもあったみたい。
kPEN_6616.jpg
数々のロケットを展示

 ここでは最初に主要施設をめぐる無料のバスツアーに乗ることに。しかしこのツアー2時間半もかかるのです。何しろケネディ宇宙センターは山手線内の10倍近い広さがあります。主要な施設を見て回るだけでもかなりの時間がかかるのです。口コミ情報ではバスは進行方向に向かって右手に座るとよく見えるとのことだったので、そうしました。ロケットの組み立て棟や発射台を見て回り、運転手がガイド代わりに説明してくれます(もちろん英語)。

 途中でメイン施設のひとつであるアポロ計画のサターン5型ロケットの展示施設で降ろされます。入り口には黒山の人だかり。一定時間ごとにゲートが開いて、次の組を入れるというオペレーションを行っています。待っている間、アポロ計画が始まった1968年は映画館の入場料が1.5ドルだったとか、家の値段が2万ドルだったとか、面白い情報がテロップで流れます。

 20分ほど待ってようやく入場できました。最初にアポロ計画の映画をみて、復元された管制室へと進みます。そして最後にサターン5型ロケットの展示室へ。長さ110メートルもある巨大なロケットに圧倒されます。その重量の95%以上が燃料で、打ち上げから最初の5分でその90%を使ってしまうそうです。
 k2017_09_30_IMG_0437.jpg
左下の歩行者と較べるとその巨大さが分かります。

 展示室には月着陸船や母船も展示されています。この月着陸船は私が子供の頃に子供向け雑誌などによく掲載されており、独特の形状にとても憧れたものでした。そのほか、月の石も展示されていて、実際に触ることが出来ます。とにかく宇宙マニアにはたまらない施設です。
k2017_09_30_IMG_0434.jpg
憧れだった月面着陸船。プラモで作った記憶が。

kPEN_6618.jpg
これが月の石。多くの人が触りすぎたせいか、ツルツルでした。

 一通り見たところで待っているバスに乗り、ビジター・センターに戻ります。バスツアーが終わったので、次ぎにスペース・シャトルの展示棟へ。コロンビア号からアトランティス号まで135回の飛行を重ねたシャトル計画の歴史と実機を見ることが出来ます。チャレンジャー号とコロンビア号は事故で14人の宇宙飛行士が亡くなっているのでその記念の品なども飾られています。
k2017_09_30_IMG_0439.jpg
スペースシャトルも中は燃料を詰め込むためにスカスカ。

 また、ここにはテーマパーク唯一のライド「シャトル・ラウンチ・エクスペリエンス」があります。3Dではないですが、シャトルの打ち上げの疑似体験ができるライドです。フライトシュミレーターもいくつか設置されています。ちなみに、宇宙船の再利用を目的に開発されたスペース・シャトルですが、2度の事故による安全対策費の増加などで、結果的にプロジェクト全体では使い捨ての機体よりも高くついてしまったらしいです。

 そのあと軽くランチを食べてから、IMAXシアターで3Dの映画を見ることに。2種類の映画が交互に上映されていましたが、我々が見たのは宇宙船からみた地球の様子。世界の各地の昼の様子、夜の様子が鮮明な画像で見られます。私が印象深かったのは夜間の朝鮮半島。38度線から南の韓国側はまぶしい光が連なっていますが、北朝鮮側はほぼ真っ暗。電気なんて一般庶民は使うことも出来ないんでしょうね。

 少々お土産も買った後、なんだかんだで3時半。そろそろオーランド空港へ移動しようとパークを後にします。パークから空港までは約1時間。空港の近くでガソリンを入れ、無事レンタカーも返却。飛行機も予定通りに飛び立ちました。

 飛行時間はLAXまで4時間40分。ヨメはユナイテッドの飛行機の中のWi-Fiが無料じゃないと文句を言って、買ってました(JetBlueは無料で使えたそうです)。LAXではパーキング会社のシャトルもすぐにやってきて、スムーズに自分の車をピックアップ。そして夜12時前には自宅に無事到着しました。ただ、帰途どうしてもご飯が食べたくなって、吉野屋の牛丼をテークアウトしました。10日間お米を食べなかったのは人生初のことだったかも。
  1. 2017/10/09(月) 14:08:26|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(16)総括 | ホーム | 2017年 ディズニー・クルーズ西カリブ海7日間(14)下船>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lagolf.blog90.fc2.com/tb.php/943-ac03d8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

最近のコメント

プロフィール

Ritz

Author:Ritz
鹿児島出身、10月21日生 血液型B型
1995年よりロサンゼルス在住
システム・インテグレータ兼ワイン・アドバイザーとして過ごす毎日
趣味はゴルフとワイン
家族 妻と2女

カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード